About Us

柳宗悦氏らが提唱した「民藝」の精神を礎にしています。
-living with art- をキーワードに、生活を彩り身近に置いて心休まる美術工芸品を紹介していきたいと考えています。
Details » «About Us»

リーチ工房のジョッキ

1960年代に製作されたリーチ工房製スタンダードウェアの1パイント・タンカード。
ビールやサイダー(リンゴ酒)のためのジョッキ。
英国人陶芸家バーナードリーチ(Bernard Leach 1887-1978)  がデザインし、その工房であるリーチ・ポタリーで製作されたテーブルウェアをスタンダードウェアといいます。

Details » «リーチ工房のジョッキ»

民藝の擁護

民藝の擁護  - 基点としての柳宗悦 - 松井健 著

帯の言葉より;宗教的なもの(信)と美しいもの(美)の一体としてのありかを問い続けた人であったことは強調しておかなくてはならない。

Details » «民藝の擁護»

BORO: Fabric of life

昨年のフランスからのBORO展の巡回展が今年はリスボンで開催されています。今回も出品協力しています。

BORO: Fabric of life / MUSEU DO DESIGN E DA MODA
会場:MUSEU DO DESIGN E DA MODA
会期:10 Oct. 2014 – 08 Feb. 2015

Details » «BORO: Fabric of life»

宋胡録青磁小壷

南海の小壷 -宋胡録・安南・琉球- 展より宋胡録青磁平壷にコスモス。展覧会は11月16日(日)までの開催です。

チャーリー

モデル ” チャーリー” と、チャーリーの専属フォトグラファー兼マネージャーの野口さとこさんが「南海の小壷 -宋胡録・安南・琉球-展に来てくださいました。チャーリーの着物は仕立てたばかりの大島紬!

Details » «チャーリー»

工藝93号

1939年発行の工藝93号に濱田庄司は「宋胡録など」という一文を寄せました。
当時見た陶器の中で宋胡録は丹波とともに一番力になったと述べています。今回企画した南海の小壷 -宋胡録・安南・琉球- 展はこの記事を読んだ時から始まりました。

掌で楽しむのも、また蕾や雑草を挿すも良しと日々楽しめる小壷たちは花を活ける事が苦手な僕の良き友になりました。
展覧会は11月16日(日)までの開催です。
お待ちしています。

南海の小壷展

南海の小壷 -宋胡録・安南・琉球-

1939年発行の工藝93号に濱田庄司は「宋胡録など」という一文を寄せました。
当時見た陶器の中で宋胡録は丹波とともに一番力になったと述べています。
中世〜近世初期に作られ、日本にも請来された東南アジアの陶器群の中から今回は野の花が似合う小壷をご紹介します。

Details » «南海の小壷展»

2014年秋 目白コレクション

2014年秋 目白コレクションに出展します。
バーナード・リーチ、リーチ工房スタンダード・ウェア、金城次郎、黒田泰三、クライヴ・ボウエンのスリップウェア、ゴシック期の聖歌楽譜、濱田庄司の画幅、岸田劉生の画幅など展示販売致します。出品作品はウェブサイト、Twitter、Facebookなどで随時ご紹介いたしますのでよろしくお願いします。

2014年
10月25日(土)12:00~18:00
10月26日(日)10:00~17:00 入場無料

Details » «2014年秋 目白コレクション»

京都民藝協会秋のつどい 2014

今年も京都民藝協会秋のつどいが以下の要領で開催されます。
京都民藝協会会員以外でも参加できます。チケットは若干枚数手許にありますのでご希望の方はしかまファインアーツまでお電話: 075-231-4328、email: info(アットマーク)naohitoshikama.comなどでお気軽にお問い合わせください。

Details » «京都民藝協会秋のつどい 2014»

陶工の本 バーナード・リーチ

陶工の本 / バーナードリーチ著 A Potter’s Book / Bernard Leach

1940年に出版されたバーナードリーチの著作。陶芸家のバイブル的な存在と言えよう。
美に対する考え、陶器を作る者の心構えなどリーチの哲学がちりばめられた一冊。
Details » «陶工の本 バーナード・リーチ»