About Us

柳宗悦氏らが提唱した「民藝」の精神を礎にしています。
バーナードリーチを核とし、民藝運動の個人作家の初期作品、日本と英国の古民藝を中心に扱っています。
-living with art- をキーワードに、生活を彩り身近に置いて心休まる美術工芸品を紹介していきたいと考えています。
Details » «About Us»

民藝763号

民藝763号(2016年7月号)発刊されました。特集は「沖縄の工芸 織物編」です。
日本民藝館創設80周年を記念した同館特別展「沖縄の工芸」に関連し、2号連続の特集が組まれました。

Details » «民藝763号»

金城次郎とヤチムン / 松井健

金城次郎とヤチムン – 民藝を生きた沖縄の陶工 (がじゅまるブックス11)
松井健著 / 榕樹書林 ISBN 978-4-89805-186-3
定価1,380円+税

Details » «金城次郎とヤチムン / 松井健»

45Rの本 2016AW

45Rの本 2016 Autumun/Winterが6月29日発刊されました。
京都東福寺での藍、インディゴの服の撮影、そして井上保美さんのシェットランド諸島、ものづくりの原点を巡る旅が美しい写真と共に紹介されています。
撮影はワタナベアニさん。

シェットランド諸島は何時か行ってみたい地です。

45R

 

石徹白 虚空蔵菩薩座像

岐阜県郡上市白鳥町石徹白地区は郡上市北部にある白鳥町の市街地から峠を越え福井県に隣接する山峡の集落です。
京都在住の木工芸家・佃眞吾氏に教えていただき白山中居神社に伝わる平安末期作の銅造虚空蔵菩薩座像(国指定重要文化財)を訪ねました。

Details » «石徹白 虚空蔵菩薩座像»

河井寛次郎 鐘鋳窯の青磁鉢

河井寛次郎 Kanjiro KAWAI (1890-1966) が大正期の鐘鋳窯時代に製作した初期作品で中国陶磁に倣った青磁鉢です。

This beautiful celadon glazed bowl was made by Kanjiro KAWAI who involved Mingei movement in early 20th Centuries. The bowl made in his very early year, Taisho period.

Details » «河井寛次郎 鐘鋳窯の青磁鉢»

松田米司親方の四寸皿

読谷山焼北窯・松田米司 Yoneshi Matsuda (1954~) 親方の四寸皿。壺屋以前の涌田窯でも同手の陶器が製作されました。静寂の美。

Details » «松田米司親方の四寸皿»

日本民藝館所蔵 沖縄の工芸展

創設80周年特別展
日本民藝館所蔵 沖縄の工芸
併陳 坂本万七撮影による戦前の沖縄写真
2016年6月21日(火)~8月21日(日)

Details » «日本民藝館所蔵 沖縄の工芸展»

民藝762号

民藝762号(2016年6月号)発刊されました。特集は「沖縄の工芸 焼物編」です。
日本民藝館創設80周年を記念した同館特別展「沖縄の工芸」に関連し、2号連続の特集が組まれます。次号は織物編です。

Details » «民藝762号»

軽野裕子 諸紙布展

奈良高畑に在る志賀直哉旧居で開催された軽野裕子さんの諸紙布展に伺いました。
前回、奈良・法蓮荘で開催された紙布の会より6年ぶりとのこと。今回もキュレーションは美術史家の土田真紀さんです。
Details » «軽野裕子 諸紙布展»

河井寛次郎の半筒猪口

河井寛次郎 Kanjiro KAWAI (1890-1966) 作の半筒湯呑です。
昭和初期に製作された民藝色濃い佳品です。

Details » «河井寛次郎の半筒猪口»