如意寺跡

如意寺は天台寺門宗総本山園城寺の別院で鹿ヶ谷から大津に至る「如意越え」に沿った京都東山山中に平安時代中期から 15 世紀の応仁・文明の乱頃まで存続した大規模な山岳寺院です。

三井寺には「園城寺境内古図」如意寺幅(重要文化財)が伝来し、本堂のほか深禅院・赤龍社・大慈院・西方院・寶厳院・熊野三所など 67 以上の堂塔社殿が山中に建ち並んでいる様子が描かれています。

1985年頃までは楼門の滝と熊野三所辺りの遺跡が確認されるだけでしたが、(財)京都市埋蔵文化財研究所 梶川敏夫氏の約2年にわたる調査によってその全貌が明らかになりました。

現在全ての堂宇は消失していますがその跡地は比較的良好に残っており、礎石や石造物の残欠が散見されます。

今回は京都市左京区鹿ヶ谷から桜谷川を遡り如意が岳越えで本堂跡までの各堂宇跡を訪ねてみました。

鹿ヶ谷への道。向かって左側は霊鑑寺、右側はノートルダム女学院。

不動堂跡

楼門跡に続く階段

桜谷川上流の楼門の滝

1935年建立の「俊寛僧都忠誠之碑」。このあたりは月輪門跡と考えられる。

浴室跡

築地跡

熊野三所跡:東は本宮、中は新宮、西は那智に倣った三所が存在した。

登山道に沿う巨石

鹿ヶ谷を流れる桜谷川の源流部のひとつ

同じく桜谷川の源流のひとつ

宝厳院般若堂跡

宝厳院般若堂跡礎石

大慈院跡

大慈院跡

西方院跡:既に草が茂り大慈院より西方院に下る踏み跡が不明。かつては階段で結ばれていた。

雨神社:災害で倒壊し現在修復中

雨神社:如意寺の赤龍社の跡を踏襲している

深禅院跡

深禅院跡

延寿堂、または常行堂跡。礎石が残る。

本堂跡

本堂跡:住吉大明神礼拝座石

本堂跡:住吉大明神礼拝座石を望む

如意岳山頂より南側を望む。

大文字火床より鹿ヶ谷に向かう下山道

参考文献:
京都伝統文化の森推進協議会 / 平安京周辺の山林寺院跡と戦国期山城跡の実態視察
(財)京都市埋蔵文化財研究所 梶川敏夫

About Us

柳宗悦氏らが提唱した「民藝」の精神を礎にしています。
バーナードリーチを核とし、民藝運動の個人作家の初期作品、日本と英国の古民藝を中心に扱っています。
-living with art- をキーワードに、生活を彩り身近に置いて心休まる美術工芸品を紹介していきたいと考えています。
Details » «About Us»

民藝781号

民藝781号 (2018年1月号)発刊されました。
特集は「棟方志功と柳宗悦」です。

Details » «民藝781号»

リーチ工房の珈琲マグカップ

リーチ工房のコーヒーマグ / 1960年代
Details » «リーチ工房の珈琲マグカップ»

民藝の日本 京都高島屋

日本民藝館創設80周年記念
民藝の日本
- 柳宗悦と「手仕事の日本」を旅する -

柳宗悦が日本各地で蒐集した日本民藝館の所蔵品を中心に、各地の民藝館の所蔵品を加えた約170点が展観されます。

Details » «民藝の日本 京都高島屋»

民藝780号

民藝780号 (2017年12月号)発刊されました。
特集は「愛媛民藝館開館50年記念特集」です。

以下、日本民藝協会公式ウェブサイトよりの転載です。

Details » «民藝780号»

「我孫子築窯100周年記念 バーナード・リーチ展」

特別展「我孫子築窯100周年記念 バーナード・リーチ展」

バーナードリーチは本年生誕130年を、また我孫子の柳宗悦邸内に窯を築いて100年を迎えます。本展では日本民藝館所蔵の我孫子時代のリーチ作品を中心に展観されます。
また展覧会会期中には様々なイベントが開催されますので詳細は公式ホームページをご参照ください。

Details » «「我孫子築窯100周年記念 バーナード・リーチ展」»

河井寬次郎展

没後50年 河井寬次郎展
―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―

河井寬次郎記念館所蔵作品を中心に初公開の山口大学所蔵作品など陶芸、木彫、書、調度など
河井寛次郎の仕事の全貌が展観されます。
また2018年1月21日(日)午後2時より鷺珠江氏(河井寬次郎記念館・学芸員)の講演会が開催されます。

Details » «河井寬次郎展»

リーチ工房の筒型コップ

Beaker / Leach Pottery, 1950-60′s

Details » «リーチ工房の筒型コップ»

濱田庄司展 / 大山崎山荘美術館

没後40年
濱田庄司展 -山本爲三郎コレクションより

Details » «濱田庄司展 / 大山崎山荘美術館»

寒風春木窯の半筒猪口

半筒猪口 / 沖塩明樹(寒風春木窯)

Details » «寒風春木窯の半筒猪口»

能野焼仏花器

種子島 能野焼仏花器

能野焼は種子島の能野(よきの)にあった日常雑器を生産した民窯です。
江戸期を中心に稼働するも明治中期には閉窯したようです。

Details » «能野焼仏花器»