読谷山焼北窯 松田米司と6人の弟子たち 展

読谷山焼北窯 松田米司と6人の弟子たち 展

日時:2015年7月4日(土) ~ 20日(祝•月) 11:00-20:00 (会期中無休)
会場:B GALLERY + fennica (新宿 / BEAMS JAPAN 6F)
TEL:03-5368-7309

【レセプションパーティー】
日時:2015年7月4日(土) 18:00-20:00
*どなたでもご参加頂けます。

【出展 陶芸家トークショー 開催 】
日時:2015年7月5日(土) 11:30~13:00 / B GALLERY
予約定員制:先着20名様

【内容】
Bギャラリーでは、沖縄県読谷村に工房を構える<読谷山焼北窯 松田米司工房>
の松田米司と、その弟子だった6人の陶芸家たち、佐々木かおり、佐藤央巳、登川均、
菅原謙、庄司宣夫、仲里香織らによるグループ展を開催します。

本展はBギャラリーと隣接する<fennica(フェニカ)>の売場を含めたビームス ジャパン6Fの
フロア全体を会場に、“点と線”をテーマとした新作を発表。また本展に併せ、各作家
それぞれが自由に制作する、琉球王朝時代から伝わるとされている伝統的な酒器“嘉瓶”も
展示、販売します。

【出展 陶芸家 プロフィール】

『松田米司(まつだよねし)/読谷山焼北窯』
1954年、沖縄県読谷村に生まれる。1973年、石嶺窯(那覇市)にて修行をし、1992年に
弟の松田共司、宮城正享、與那原正守らと共に読谷村字座喜味に「読谷山焼北窯」を開窯。
日本民藝館展奨励賞受賞。2012年、北窯設立20周年を迎える。2013年、St Ives Ceramics
(英国)にて個展。2014年、琉球王朝時代の陶器の復刻と試作を経て、新しい沖縄陶器の
開発レポートを沖縄県に提出(平成25年度地場産業総合支援事業に関する補助事業報告)。
2015年、OIST(沖縄科学技術大学院大学)にてメンバーと共に北窯展開催。

『佐々木かおり(ささきかおり)/焼き物工房野はら屋』
1971年生まれ。鹿児島県出身。1995~2005年、読谷山焼北窯 松田米司工房に弟子入り。
2006年、鹿児島県薩摩川内市祁答院町にて開窯。日本民藝館展入選(2012年度、2014年度)。
現在、使い勝手の良い器を模索しながら日々精進中。

『佐藤央巳(さとうひろみ)/中ノ畑窯』
1973年生まれ。北海道稚内市ナイポポチ出身。1998~2004年、2008~2010年に
読谷山焼北窯 松田米司工房に弟子入り。2005~2006年、カフェ&カリー「けやき」勤務。
2010年、北窯宮城工房出身の平井友美と北窯にて結婚。
現在、「中ノ畑窯」(大阪)にて作陶中。

『登川均(のぼりかわひとし)/やちむん なかどまり工房』
1959年、沖縄県美里村(現沖縄市)に生まれる。1997年に14年勤めた企業を辞し、
1999年より読谷山焼北窯 松田米司工房にて陶芸の道に進む。
2008年、国頭郡恩納村にて独立。日本民藝館展入選(平成26年度)。

『菅原謙(すがわらけん)』
1972年、大阪府出身。1996年、沖縄県立芸術大学卒業。1997年、京都府立陶工訓練校卒業。
平安陶花園(清水焼窯元)に5年、読谷山焼北窯 松田米司工房に3年勤務し、2013年に沖縄県
大宜味村にて独立。国場一、大海洋一、玉城望らと共同登り窯を築窯、2015年4月に初窯焼成。

『庄司宣夫(しょうじのぶお)/けやき』
1942年、木浦(朝鮮)に生まれる。1965年に長崎県庁職員になる。
1973年、暮らしの工芸「けやき」開店。1976年に沖縄に通い始め、大嶺実清と知り合う。
1992年、北窯開窯とともに、読谷山焼北窯松田米司工房の外弟子となる。
現在、長崎にて食器中心に作陶中。日本民藝協会常任理事。

『仲里香織(なかざとかおり)/陶器工房 風香原』
1975年生まれ、沖縄県南城市出身。1999年より陶眞窯にて修行をはじめ、2005年より
読谷山焼北窯松田米司工房にて修行。2014年、今帰仁村に「陶器工房 風香原」を開く。

<fennica(フェニカ)>
2003年、“デザインとクラフトの橋渡し”をテーマに、日本を中心とした伝統的な手仕事と、
主に北欧などから集められた新旧デザインを融合するスタイルを発表するBEAMSのレーベル。
“less global, more local”という考えのもと、各地から集められたメンズ、ウィメンズのウエア
はもとより、食器やインテリアから食品まで、これまでのセレクトの範囲を超えた
ライフスタイル提案型の品揃えです。

<B GALLERY(Bギャラリー)>
1998年新宿にオープンした「ビームス ジャパン」の6Fに位置するギャラリースペース。
アーティストの知名度に頼ることなく、BEAMSの審美眼にかなうジャンルを越えた作品を展示
することで、時代のリアルな気分や新しい傾向を紹介するインディペンデントな“文化発信空間”
として機能しています。

【映画告知】
映画「あめつちの日々」陶工・松田米司
— 監督・撮影 / 川瀬美香 出演 / 読谷村「北窯」松田米司

故郷の沖縄の土に触れ、土を焼き、人々の生活へ提供する
沖縄やちむん陶工を追った長辺ドキュメンタリー

★2016年公開予定(上映情報は公式ホームページを参照ください)
公式ホームページ:http://www.art-true.com/tsuchi/

※ 以上ビームス公式ウェブサイトより転載いたしました。

About Us

柳宗悦氏らが提唱した「民藝」の精神を礎にしています。
バーナードリーチを核とし、民藝運動の個人作家の初期作品、日本と英国の古民藝を中心に扱っています。
-living with art- をキーワードに、生活を彩り身近に置いて心休まる美術工芸品を紹介していきたいと考えています。
Details » «About Us»

民藝781号

民藝781号 (2018年1月号)発刊されました。
特集は「棟方志功と柳宗悦」です。

Details » «民藝781号»

リーチ工房の珈琲マグカップ

リーチ工房のコーヒーマグ / 1960年代
Details » «リーチ工房の珈琲マグカップ»

民藝の日本 京都高島屋

日本民藝館創設80周年記念
民藝の日本
- 柳宗悦と「手仕事の日本」を旅する -

柳宗悦が日本各地で蒐集した日本民藝館の所蔵品を中心に、各地の民藝館の所蔵品を加えた約170点が展観されます。

Details » «民藝の日本 京都高島屋»

民藝780号

民藝780号 (2017年12月号)発刊されました。
特集は「愛媛民藝館開館50年記念特集」です。

以下、日本民藝協会公式ウェブサイトよりの転載です。

Details » «民藝780号»

「我孫子築窯100周年記念 バーナード・リーチ展」

特別展「我孫子築窯100周年記念 バーナード・リーチ展」

バーナードリーチは本年生誕130年を、また我孫子の柳宗悦邸内に窯を築いて100年を迎えます。本展では日本民藝館所蔵の我孫子時代のリーチ作品を中心に展観されます。
また展覧会会期中には様々なイベントが開催されますので詳細は公式ホームページをご参照ください。

Details » «「我孫子築窯100周年記念 バーナード・リーチ展」»

河井寬次郎展

没後50年 河井寬次郎展
―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―

河井寬次郎記念館所蔵作品を中心に初公開の山口大学所蔵作品など陶芸、木彫、書、調度など
河井寛次郎の仕事の全貌が展観されます。
また2018年1月21日(日)午後2時より鷺珠江氏(河井寬次郎記念館・学芸員)の講演会が開催されます。

Details » «河井寬次郎展»

リーチ工房の筒型コップ

Beaker / Leach Pottery, 1950-60′s

Details » «リーチ工房の筒型コップ»

濱田庄司展 / 大山崎山荘美術館

没後40年
濱田庄司展 -山本爲三郎コレクションより

Details » «濱田庄司展 / 大山崎山荘美術館»

寒風春木窯の半筒猪口

半筒猪口 / 沖塩明樹(寒風春木窯)

Details » «寒風春木窯の半筒猪口»

能野焼仏花器

種子島 能野焼仏花器

能野焼は種子島の能野(よきの)にあった日常雑器を生産した民窯です。
江戸期を中心に稼働するも明治中期には閉窯したようです。

Details » «能野焼仏花器»