民藝770号

民藝 770号 (2017年2月号) 発刊されました。
特集は「平成28年度 日本民藝館展 – 新作工藝公募展 -」です。

目次
〈特集関連〉
「平成28年度日本民藝館展 – 新作工芸公募展 -」
受賞者・入選者一覧
各賞受賞のことば
日本民藝館賞(小福田史男)
日本民藝協会賞(城戸繁延、吉田義和)
奨励賞(青柳彩子、石北有美、齊藤知子、岩瀬健一)
審査委員の講評(深澤直人、柴田雅章、杉山享司、伊田郁子、柳悦州、小島貞二、古澤万千子、佐藤阡朗)
Shinsakuten New Works Competition and Exhibition 2016

〈図版〉
受賞作・入選作より

〈読み物他〉
日本民藝館展審査委員による座談会(下)
次代の仕事への展望と希望
- 手仕事や日本民藝館展の未来について -(古澤万千子/佐藤阡朗/柴田雅章)
柳宗悦・兼子夫妻の米国ケンブリッジ滞在を支えた日本人
菊本健三氏のこと(長井誠)
第71回日本民藝協会全国大会松本大会のご案内
平成29年度日本民藝夏期学校鳥取会場へのご招待

〈柳宗悦「師眼再会」〉
第277回 漆手箱(蓋)三種

本体:787円+税
発行:日本民藝協会
東京都目黒区駒場4-3-33
日本民藝館

About Us

柳宗悦氏らが提唱した「民藝」の精神を礎にしています。
バーナードリーチを核とし、民藝運動の個人作家の初期作品、日本と英国の古民藝を中心に扱っています。
-living with art- をキーワードに、生活を彩り身近に置いて心休まる美術工芸品を紹介していきたいと考えています。
Details » «About Us»

日本民藝館 沖縄分館

日本民藝館沖縄分館は沖縄県那覇市首里金城町に1975年開館しましたが1992年に閉館しました。
建物は石垣島に1878年建築の旧真栄里首里大屋子家を1967年に日本民藝館が購入し首里に移築したものです。
閉館に伴い所蔵品の多くは壷屋焼物博物館に長期寄託されました。

Details » «日本民藝館 沖縄分館»

あめつちの日々 沖縄上映2017

2017年2月19日に沖縄市シアタードーナツで松田米司ドキュメンタリー映画「あめつちの日々」上映イベントが開催されました。上映後には川瀬美香監督と宮島真一支配人によるトークショーもあり楽しい夜となりました。

尚、以下の日程での上映が決定しましたので見逃した方、もう一度観たい方は是非お運び下さい。上映中、ドーナツと飲み物も劇場内でお楽しみいただけます。

Details » «あめつちの日々 沖縄上映2017»

湯呑 / 濱田庄司

益子の作陶家・濱田庄司 Shoji Hamada (1894-1978) の湯呑です。
昭和初期に製作されたものと思われます。

Details » «湯呑 / 濱田庄司»

民藝770号

民藝 770号 (2017年2月号) 発刊されました。
特集は「平成28年度 日本民藝館展 – 新作工藝公募展 -」です。

Details » «民藝770号»

バーナード・リーチ工房のジャグ

英国セント・アイヴスに在るバーナードリーチ工房製の天目釉ジャグが入荷しました。
1950-1960年代を中心にバーナードリーチがデザインし、リーチ工房で製作されたスタンダードウェアと呼ばれる製品です。
酒次、花器としても活躍しそうです。

Details » «バーナード・リーチ工房のジャグ»

河井久遺作展

河井久遺作展

開館日:2017年3月19日(日)、4月16日(日)、5月7日(日)、5月14日(日)、5月21日(日)、5月28日(日)
時間:午前10時〜午後4時30分

京都民芸資料館 / 京都民藝協会事務局
京都市左京区岩倉木野町340
Tel. 075-722-6885
Fax. 075-722-6887
電話でのお問い合わせは事務局執務時間内の毎月曜日、木曜日の午前11時〜午後4時にお願い致します。

Details » «河井久遺作展»

李青

河原町今出川、北村美術館近くにある李朝喫茶・李青のマッチのモデルはご主人の鄭玲姫さん。
意匠は型染作家・関美穂子さんによるものです。

Details » «李青»

リーチ工房のティーマグカップ

1960年代のバーナードリーチ工房製ティーマグカップが久しぶりに入荷しました。
Details » «リーチ工房のティーマグカップ»

民藝769号

民藝 769号(2017年1月号)発刊されました。
特集は「柳宗悦と民藝運動の作家たち」です。

私も「平良敏子氏芭蕉布作品の英国V&A収蔵報告」を寄稿しています。

Details » «民藝769号»

私‧京都100選

Ericこと徐銘志さんの「私・京都100選 – Private Kyoto -」商周出版が発刊されました。
京都にご縁のある10人の方々がそれぞれ異なるお題のもとにお薦めの場所をご紹介されています。
私も「小巧京都的侘寂興民藝」のお題のもとに9カ所を紹介しています。

Details » «私‧京都100選»