ウィンザーチェア 日本人が愛した英国の椅子

特別展「ウィンザーチェア -日本人が愛した英国の椅子-」

ウィンザーチェアがイギリスで生まれたのは18世紀前半と云われています。全て木の部材で作られたこの椅子は、民藝運動の中で柳宗悦や濱田庄司、芹沢銈介、池田三四郎といった人々から高い評価を得、西洋家具の代表として認知されていきます。本展では日本にあるウィンザーチェアの優品と、関連する欧米の多様な椅子を嘗てない規模で展観し、その造形美を紹介します。 ※日本民藝館公式ウェブサイトより転載

会期: 2017年9月7日(木)~11月23日(木・祝) ※月曜休館(祝日の場合は開館し、翌日休館)
時間: 10:00-17:00(入館は16:30まで)

日本民藝館
東京都目黒区駒場4-3-33
Tel. 03-3467-4527

2017年8月27日まで長野県信濃美術館で開催中です。

企画展
ウィンザーチェア 日本人が愛した英国の椅子
会期:2017年7月1日 (土) - 2017年8月27日 (日)
会場:長野県信濃美術館 長野市箱清水1-4-4 (善光寺東隣) Tel.026-232-0052

About Us

柳宗悦氏らが提唱した「民藝」の精神を礎にしています。
バーナードリーチを核とし、民藝運動の個人作家の初期作品、日本と英国の古民藝を中心に扱っています。
-living with art- をキーワードに、生活を彩り身近に置いて心休まる美術工芸品を紹介していきたいと考えています。
Details » «About Us»

黒田辰秋展

美術館「えき」KYOTO 開館20周年記念 京の至宝 黒田辰秋展

京都に生まれ、1970年に木工芸における初の重要無形文化財保持者(人間国宝)となった、木漆工芸家・黒田辰秋(1904-1982)の京都に於ける初めての回顧展です。

会期:2017年9月2日(土) ~10月9日 (月)
会場:美術館「えき」KYOTO ジェイアール京都伊勢丹隣接
開館時間:午前10時~午後8時(入館締切:閉館30分前)

Details » «黒田辰秋展»

リーチ工房の湯呑

セント・アイヴスのリーチ工房で1960年代に製作された湯呑です。
湯呑は英国でもYUNOMIであり、バーナード・リーチ、濱田庄司などの影響を受けた陶工達によって多く手掛けられています。
このリーチ工房製の湯呑は類例を見ることが殆どなく、所謂スタンダードウェアの範疇に入る作品ではありません。
Details » «リーチ工房の湯呑»

有元利夫展 – 物語をつむぐ

有元利夫展 – 物語をつむぐ
2017年9月16日(土) – 12月10日(日)
Details » «有元利夫展 – 物語をつむぐ»

リーチ工房の山水紋小壷

リーチ工房製山水紋小壷

日本の民窯を想わせるデザインの小壷は所謂スタンダードウェアとは一線を画する作品。
類例を見つけられず、リーチが理想とした「東と西の結婚 Meets East and West」を端的に現す一品であると考えます。

Details » «リーチ工房の山水紋小壷»

民藝776号

民藝776号(2017年8月号)発刊されました。
特集は「舩木研兒 – 人と仕事 -」です。

Details » «民藝776号»

ウィンザーチェア 日本人が愛した英国の椅子

特別展「ウィンザーチェア -日本人が愛した英国の椅子-」

ウィンザーチェアがイギリスで生まれたのは18世紀前半と云われています。全て木の部材で作られたこの椅子は、民藝運動の中で柳宗悦や濱田庄司、芹沢銈介、池田三四郎といった人々から高い評価を得、西洋家具の代表として認知されていきます。本展では日本にあるウィンザーチェアの優品と、関連する欧米の多様な椅子を嘗てない規模で展観し、その造形美を紹介します。 ※日本民藝館公式ウェブサイトより転載

Details » «ウィンザーチェア 日本人が愛した英国の椅子»

懸仏

懸仏 室町時代
この可愛いミニ懸仏は銅板を打ち出しで装飾したもの
Details » «懸仏»

バーナード・リーチの梟

バーナード・リーチ Bernard Leach (1887-1979)の素描「梟」。
Details » «バーナード・リーチの梟»

工藝を我らに 二〇一七

工藝を我らに 二〇一七
- 資生堂が提案する美しい生活のための展覧会 -

Details » «工藝を我らに 二〇一七»

リーチ工房の水注

このミルクジャグはバーナード・リーチ Bernard Leach (1887-1979)がデザインし、工房で製作されたスタンダードウェアと呼ばれる作品群のひとつ。
酒次、花入など幅広く食卓上で活躍する一品。

Details » «リーチ工房の水注»