バーナード・リーチ Bernard Leach

バーナード・リーチ Bernard Leach (1887-1979)

英国の陶芸家。
白樺派、民藝運動とも関わりが深く、柳宗悦、濱田庄司等と親交を結んだ。

香港で生まれ、幼少期を日本で過ごした。帰英後は、ロンドン美術学校などでエッチングを学ぶが日本への憧れを捨てられず1909年に再来日を果たす。東京上野桜木町に居を構えてエッチングを指導する中、柳宗悦ら白樺派の人々と親交を結ぶ。1911年六代目尾形乾山に富本憲吉とともに入門。千葉県我孫子の柳邸内に窯を築くが火災で焼失。その後、麻布の黒田清輝邸内に窯を築き移転する。1920年濱田庄司を伴って帰英、コーンウォール州セント・アイヴスに登窯を築き、1922年にはリーチ工房を設立し生涯の拠点とした。リーチ工房は2008年より記念館、及び製作工房として公開されている。
参考:日本民藝館公式ウェブサイト

バーナード・リーチ作品を所蔵する主な美術館
日本民藝館 東京都目黒区駒場4-3-33
大原美術館 岡山県倉敷市中央1-1-15
日登美美術館 滋賀県東近江市山上町2083

参考図書
バーナード・リーチの生涯と芸術 -「東と西の結婚」のヴィジョン- / 鈴木禎宏著 / ミネルヴァ書房
バーナード・リーチ再考 -スタジオ・ポタリーと陶芸の現代- / エドモンド・ドゥ ヴァール著 / 思文閣出版 (2007/10)
日本民藝館所蔵バーナード・リーチ作品集 / 日本民藝館学芸部

※写真は向かって左から柳宗悦、バーナード・リーチ、濱田庄司。1952年に英国デヴォン州、ダーティントン・ホールで開催されたダーティントン国際工芸家会議会場にて撮影されたもの

About Us

柳宗悦氏らが提唱した「民藝」の精神を礎にしています。
バーナードリーチを核とし、民藝運動の個人作家の初期作品、日本と英国の古民藝を中心に扱っています。
-living with art- をキーワードに、生活を彩り身近に置いて心休まる美術工芸品を紹介していきたいと考えています。
Details » «About Us»

民藝781号

民藝781号 (2018年1月号)発刊されました。
特集は「棟方志功と柳宗悦」です。

Details » «民藝781号»

リーチ工房の珈琲マグカップ

リーチ工房のコーヒーマグ / 1960年代
Details » «リーチ工房の珈琲マグカップ»

民藝の日本 京都高島屋

日本民藝館創設80周年記念
民藝の日本
- 柳宗悦と「手仕事の日本」を旅する -

柳宗悦が日本各地で蒐集した日本民藝館の所蔵品を中心に、各地の民藝館の所蔵品を加えた約170点が展観されます。

Details » «民藝の日本 京都高島屋»

民藝780号

民藝780号 (2017年12月号)発刊されました。
特集は「愛媛民藝館開館50年記念特集」です。

以下、日本民藝協会公式ウェブサイトよりの転載です。

Details » «民藝780号»

「我孫子築窯100周年記念 バーナード・リーチ展」

特別展「我孫子築窯100周年記念 バーナード・リーチ展」

バーナードリーチは本年生誕130年を、また我孫子の柳宗悦邸内に窯を築いて100年を迎えます。本展では日本民藝館所蔵の我孫子時代のリーチ作品を中心に展観されます。
また展覧会会期中には様々なイベントが開催されますので詳細は公式ホームページをご参照ください。

Details » «「我孫子築窯100周年記念 バーナード・リーチ展」»

河井寬次郎展

没後50年 河井寬次郎展
―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―

河井寬次郎記念館所蔵作品を中心に初公開の山口大学所蔵作品など陶芸、木彫、書、調度など
河井寛次郎の仕事の全貌が展観されます。
また2018年1月21日(日)午後2時より鷺珠江氏(河井寬次郎記念館・学芸員)の講演会が開催されます。

Details » «河井寬次郎展»

リーチ工房の筒型コップ

Beaker / Leach Pottery, 1950-60′s

Details » «リーチ工房の筒型コップ»

濱田庄司展 / 大山崎山荘美術館

没後40年
濱田庄司展 -山本爲三郎コレクションより

Details » «濱田庄司展 / 大山崎山荘美術館»

寒風春木窯の半筒猪口

半筒猪口 / 沖塩明樹(寒風春木窯)

Details » «寒風春木窯の半筒猪口»

能野焼仏花器

種子島 能野焼仏花器

能野焼は種子島の能野(よきの)にあった日常雑器を生産した民窯です。
江戸期を中心に稼働するも明治中期には閉窯したようです。

Details » «能野焼仏花器»