民藝777号

民藝777号 (2017年9月号)発刊されました。
特集は「ウィンザーチェア」です。

以下、日本民藝協会公式ウェブサイトよりの転載です。

ウィンザーチェアは18世紀前半に生まれたと言われています。すべての部材にその土地で採れる木材を用い、座板に脚や背棒が直接差し込まれたこの椅子は、自然で素朴な美しさを持つ実用品として幅広い層に受け入れられていきました。
本号では、日本民藝館特別展「ウィンザーチェア-日本人が愛した英国の椅子」(2017年9月7日-11月23日開催)の関連特集として、関連論稿と図版で、ウィンザーチェアの歴史や造形を紹介します。

目次

〈特集関連〉
ウィンザーチェアの誕生とその後の発展(西川栄明)
近代椅子の源流をたどる -民藝とデザインにおけるウィンザーチェアの展望(島崎信)
ウィンザーチェア私感(室田宏一)
村上富朗とアメリカのウィンザーチェア(谷進一郎)
ウィンザーチェアと私 ―ウィンザーチェア展によせて-(小島優)
日本民藝館「ウィンザーチェア」展
ウィンザーチェアが繋いだもの(鈴木理恵)

〈カラー図版〉『民藝』2017年9月号
ウィンザーチェア -日本人が愛した英国の椅子

〈読み物他〉
日本民藝館だより
「寄贈品紹介 鉄絵草文鉢」(村上豊隆)
瀬戸の大鉢(吉田小五郎)

〈柳宗悦「師眼再会」〉
第284回 赤繪湯呑

———-

特別展 ウィンザーチェア・日本人が愛した英国の椅子

2017年9月7日(木)~11月23日(木・祝)
日本民藝館 / 東京都目黒区駒場4-3-33

ウィンザーチェアがイギリスで生まれたのは18世紀前半と云われています。全て木の部材で作られたこの椅子は、民藝運動の中で柳宗悦や濱田庄司、芹沢銈介、池田三四郎といった人々から高い評価を得、西洋家具の代表として認知されていきます。本展では日本にあるウィンザーチェアの優品と、関連する欧米の多様な椅子を嘗てない規模で展観し、その造形美を紹介します。
※ 会期中、映像「チルターンヒルズにおける椅子づくり」(約10分)を西館公開日に上映します。

http://mingeikan.or.jp/events/special/pdf/pamphlet_201709.pdf

About Us

柳宗悦氏らが提唱した「民藝」の精神を礎にしています。
バーナードリーチを核とし、民藝運動の個人作家の初期作品、日本と英国の古民藝を中心に扱っています。
-living with art- をキーワードに、生活を彩り身近に置いて心休まる美術工芸品を紹介していきたいと考えています。
Details » «About Us»

鍵善良房製「よりょう」黒田辰秋展に寄せて

美術館「えき」KYOTO 開館20周年記念 京の至宝 黒田辰秋展 は10月9日迄の開催です。
京都では初めての回顧展となる展覧会場でのみ購入できる鍵善良房製の干菓子「よりょう」の型は木工家・佃眞吾氏によるもの。
小皿は河井寛次郎の初期作品

Details » «鍵善良房製「よりょう」黒田辰秋展に寄せて»

民藝777号

民藝777号 (2017年9月号)発刊されました。
特集は「ウィンザーチェア」です。

Details » «民藝777号»

バーナード・リーチと小鹿田焼展

生誕130年 バーナード・リーチと小鹿田焼展

期間:H29年9月26日(火)~10月18日(水)
会場:天領日田資料館(日田市豆田町11-7)
Details » «バーナード・リーチと小鹿田焼展»

バーナードリーチの小壷

バーナード・リーチ Bernard Leach (1887-1979)作の”Bud Vase”と呼ばれる小壷です。
“Bud”は英語で「蕾」を意味します。身近な自然を愛する英国人が庭木の蕾や散歩の途中で手折った野の花を活ける一輪挿しをリーチは工房作として時折製作しました。
Details » «バーナードリーチの小壷»

黒田辰秋展

美術館「えき」KYOTO 開館20周年記念 京の至宝 黒田辰秋展

京都に生まれ、1970年に木工芸における初の重要無形文化財保持者(人間国宝)となった、木漆工芸家・黒田辰秋(1904-1982)の京都に於ける初めての回顧展です。

会期:2017年9月2日(土) ~10月9日 (月)
会場:美術館「えき」KYOTO ジェイアール京都伊勢丹隣接
開館時間:午前10時~午後8時(入館締切:閉館30分前)

Details » «黒田辰秋展»

リーチ工房の湯呑

セント・アイヴスのリーチ工房で1960年代に製作された湯呑です。
湯呑は英国でもYUNOMIであり、バーナード・リーチ、濱田庄司などの影響を受けた陶工達によって多く手掛けられています。
このリーチ工房製の湯呑は類例を見ることが殆どなく、所謂スタンダードウェアの範疇に入る作品ではありません。
Details » «リーチ工房の湯呑»

有元利夫展 – 物語をつむぐ

有元利夫展 – 物語をつむぐ
2017年9月16日(土) – 12月10日(日)
Details » «有元利夫展 – 物語をつむぐ»

高松張子展

京都民芸資料館 秋季特別展 「高松張子」展

四国・高松張子中興の祖、宮内フサ作品を中心に古作より現代作までを展観します。

宮内フサ
1883-1985 明治-昭和時代の郷土玩具(高松張子)作家
「鯛(たい)持ちえびす」は,昭和34年の年賀記念切手の図案に採用されました。
昭和60年12月23日死去。102歳。香川県出身。旧姓は梶川。

Details » «高松張子展»

リーチ工房の山水紋小壷

リーチ工房製山水紋小壷

日本の民窯を想わせるデザインの小壷は所謂スタンダードウェアとは一線を画する作品。
類例を見つけられず、リーチが理想とした「東と西の結婚 Meets East and West」を端的に現す一品であると考えます。

Details » «リーチ工房の山水紋小壷»

民藝776号

民藝776号(2017年8月号)発刊されました。
特集は「舩木研兒 – 人と仕事 -」です。

Details » «民藝776号»