松田米司親方の四寸皿

読谷山焼北窯・松田米司 Yoneshi Matsuda (1954~) 親方の四寸皿。壺屋以前の涌田窯でも同手の陶器が製作されました。静寂の美。

Details » «松田米司親方の四寸皿»

河井寛次郎の半筒猪口

河井寛次郎 Kanjiro KAWAI (1890-1966) 作の半筒湯呑です。
昭和初期に製作された民藝色濃い佳品です。

Details » «河井寛次郎の半筒猪口»

工藝25号

雑誌・工藝は柳宗悦が1931年から1951年の間に1号から120号までを発行しました。

Details » «工藝25号»

松田米司親方のマカイ

読谷山焼北窯・松田米司親方 Yoneshi Matsuda (1954- ) のマカイはまさに静寂の美。目白コレクションでご覧戴けます。
またドキュメンタリー映画「あめつちの日々」の渋谷イメージフォーラム前売り券もしかまファインアーツのブースで販売致します。

Details » «松田米司親方のマカイ»

壺屋のマス徳利

壺屋のマス徳利は計量器として嘗て大量に製作されました。
読谷山焼北窯の松田米司親方によると、土の塊を叩いて円盤状にした上に紐造りで積み上げ、最後に轆轤で整形したそうです。

Details » «壺屋のマス徳利»

國吉清尚の酒器

沖縄の陶芸家・國吉清尚 KUNIYOSHI, Seisho(1943~1999)作酒呑。
前衛作品へと移行する前の初期作品。

河井寛次郎の杯

河井寛次郎 Kanjiro KAWAI (1890-1966) 作 呉須鉄釉筒描唐草文小杯。
Details » «河井寛次郎の杯»

金城次郎の湯呑

壺屋時代に製作された金城次郎 Jiro KINJO (1912-2004)の湯呑

金城次郎は沖縄県那覇市生まれの陶芸家であり重要無形文化財「琉球陶器」保持者。

Details » «金城次郎の湯呑»

Lake’s Pottery, Truro

英国コーンウォール州トルロに在ったレイクス・ポタリーのミルクジャグです。内部にだけ施釉されており外側は無釉です。元来、この手法は釉薬の節約のために取られていました。
この窯はW.H.Lakeと息子により1872年に設立されましたが民窯としての歴史は中世に遡るようです。
Details » «Lake’s Pottery, Truro»

濱田庄司 饅頭皿

濱田庄司 Shoji HAMADA (1894-1978)作の饅頭皿五枚組です。
Details » «濱田庄司 饅頭皿»