市野茂良のマグカップ

丹波立杭の陶芸家・市野茂良 Shigeyoshi ICHINO (1942−2011) 作の藍塩釉ティーマグカップです。

Details » «市野茂良のマグカップ»

濱田庄司の水注

濱田庄司 Shoji HAMADA (1894-1978) 作 指描き紋水注

Details » «濱田庄司の水注»

バーナード・リーチの大徳利

李朝陶器の持つ大らかさを能く現したバーナード・リーチ Bernard Leach (1887-1979) 作面取大徳利

絣糸玉

絣の種糸で作られた糸玉
Indigo dyed seed yarn balls of Kasuri.

Details » «絣糸玉»

工藝17号

昭和7年5月15日発行 限定600部

雑誌「工藝」は柳宗悦が1931年(昭和6年)に創刊し1951年(昭和26年)に120号で終刊しました。
素材、装丁など細部にわたり柳宗悦の美意識が鏤められた日本のプライベートプレスで民藝運動の機関誌としての役目を果たしました。

Details » «工藝17号»

松田米司親方のワンブー

読谷山焼 北窯 松田米司 (Yoneshi Matsuda 1954~ )親方の三彩点打ち紋ワンブーです。米司さんによるとワンブーはマカイと違い基本的に汁物のための器だということです。

Details » «松田米司親方のワンブー»

濱田庄司の湯呑

濱田庄司の湯呑 これはまさに静寂の美。座右に置きたい。

Details » «濱田庄司の湯呑»

工藝112号

昭和17年12月15日発行 日本民藝協会 限定1,000部

雑誌「工藝」は柳宗悦が1931年(昭和6年)に創刊し1951年(昭和26年)に120号で終刊しました。
素材、装丁など細部にわたり柳宗悦の美意識が鏤められた日本のプライベートプレスで民藝運動の機関誌としての役目を果たしました。

Details » «工藝112号»

河井寛次郎の小碗

河井寛次郎 作 花紋小碗

旅茶碗として茶箱・茶篭の仕込み茶碗したい花紋小碗です。
D=約10cm

Details » «河井寛次郎の小碗»

河井寛次郎の珈琲碗

河井寛次郎 Kawai Kanjiro (1890-1966) の辰砂花紋珈琲碗 1930年代

Details » «河井寛次郎の珈琲碗»