京都民藝協会秋のつどい 2014

今年も京都民藝協会秋のつどいが以下の要領で開催されます。
京都民藝協会会員以外でも参加できます。チケットは若干枚数手許にありますのでご希望の方はしかまファインアーツまでお電話: 075-231-4328、email: info(アットマーク)naohitoshikama.comなどでお気軽にお問い合わせください。

Details » «京都民藝協会秋のつどい 2014»

富本憲吉記念館

旧奈良県安堵村(現奈良県生駒郡安堵町)に所在する富本憲吉記念館が京都市内の古美術競売会社により売り立てられる。入札締め切りは10月9日、今月中旬には結果が発表される。
尚、最低落札価格は2500万円。

Details » «富本憲吉記念館»

伏見人形展

京都民芸資料館秋季特別展・伏見人形展 – 日本土人形の原点を観る -

土人形の元祖と言われる「伏見人形」百数十点を展観します。

開館日:2014年9月21日(第3日曜日)、10月5日・12日・19日・26日(各日曜日)、11月16日(第3日曜日)
開館時間:午前10時〜午後4時30分 入場無料

ギャラリートーク:10月12日(日) 午後1時30分〜午後3時 講師:山名伸生(京都精華大学教授)、小谷二郎(京都民藝協会顧問)

Details » «伏見人形展»

‘Soetsu Yanagi and Bernard Leach/Letters

「柳宗悦とバーナード・リーチ往復書簡 日本民藝館資料集」発行・公益財団法人 日本民藝館
A5判並製カバー/口絵6頁・本文431頁 3,240円(税込)
Details » «‘Soetsu Yanagi and Bernard Leach/Letters»

2014 春 目白コレクション

2014 春 目白コレクション が下記の要領で開催されます。
しかまファインアーツは今回も参加出展いたしますので宜しくお願いいたします。

2014 春 目白コレクション
時:2014年5月24日(土)12.00-18.00-5月25日(日)10.00-17.00
所:目白 椿ホール 東京都豊島区目白1−4−8 JR山手線目白駅隣りデサントビル1F

Details » «2014 春 目白コレクション»

琉球 – 松田米司作陶展

琉球 – 松田米司作陶展 “Yoneshi Matsuda – A Tradition in Okinawan Pottery”

2013年11月9日(土)〜17日(日) 12時〜18時

沖縄県読谷村・北窯にて作陶する松田米司 Yoneshi MATSUDA (1954~ ) 氏の作陶展を開催いたします。
渡名喜瓶、嘉瓶、対瓶、カラカラなど琉球王朝時代時代より脈々と続く伝統的なやちむんの世界をご覧下さい。
Details » «琉球 – 松田米司作陶展»

松田米司英国展新聞記事

9月13日より開催されている北窯の松田米司さんの英国セント・アイヴスでの展覧会 “Yoneshi Matsuda – A Tradition in Okinawan Pottery” の会期も残すところあと2日となりました。
先頃、英国の地方新聞2紙に取材を受けアートレヴュー欄に掲載されました。
Details » «松田米司英国展新聞記事»

松田米司英国個展

9月13日より開催されている北窯の松田米司 Yoneshi MATSUDA (1954~)さんの英国セント・アイヴスでの展覧会 “Yoneshi Matsuda – A Tradition in Okinawan Pottery” が折り返し地点を迎えました。
Details » «松田米司英国個展»

“Yoneshi Matsuda – A Tradition in Okinawan Pottery”

企画&コーディネートを担当させていただいた沖縄県読谷村 読谷山焼北窯の松田米司さんの英国セント・アイヴスでの展覧会
“Yoneshi Matsuda – A Tradition in Okinawan Pottery” が現地時間9月13日より始まります。
沖縄の伝統的な陶器が英国の人々の眼にどのように映るのか、また食卓で使われるのか楽しみです。
10月11日まで。

Details » «“Yoneshi Matsuda – A Tradition in Okinawan Pottery”»

河井寛次郎の陶芸

河井寛次郎記念館開館四十周年記念
河井寛次郎の陶芸 〜科学者の眼と詩人の心〜 展

Details » «河井寛次郎の陶芸»