絣糸玉

絣の種糸で作られた糸玉
Indigo dyed seed yarn balls of Kasuri.

Details » «絣糸玉»

工藝17号

昭和7年5月15日発行 限定600部

雑誌「工藝」は柳宗悦が1931年(昭和6年)に創刊し1951年(昭和26年)に120号で終刊しました。
素材、装丁など細部にわたり柳宗悦の美意識が鏤められた日本のプライベートプレスで民藝運動の機関誌としての役目を果たしました。

Details » «工藝17号»

切畑大円下所阿弥陀磨崖仏

切畑大円下所阿弥陀磨崖仏は大阪府豊能郡豊能町切畑大円下所に在る南北朝期の製作と推定される磨崖仏です。
定印の阿弥陀如来座像が石英閃緑岩の露頭下部に南面して彫られています。

Details » «切畑大円下所阿弥陀磨崖仏»

久隅守景展

逆境の絵師
久隅守景 親しきものへのまなざし

会期:2015年10月10日(土)~11月29日(日)
会場:サントリー美術館

Details » «久隅守景展»

三國荘展

山本為三郎没後50年 三國荘展
-THE MIKUNI-SO- THE 50th MEMORIAL OF TAMESABURO YAMAMOTO

柳宗悦 Soetsu Yanagi (1889-1961) らは御大礼記念国産振興東京博覧会に「民藝館」を出展しました。住空間の提案として、河井寛次郎 Kanjiro Kawai (1890-1966)、濱田庄司 Shoji Hamada (1894-1978)、黒田辰秋 Tatsuaki Kuroda (1904-1982)、青田五良 Goro Aota (1898-1935)らの作品も展示されました。
Details » «三國荘展»

九条山

九条山は京都市山科区日ノ岡一切経谷町と日ノ岡夷谷町にある大日山の支峰で元来九条家の所有であった。山頂付近には「九条家」と刻まれた標石が残る。東山三十六峰にも含まれず古くから一切経谷,恵比須谷の名前は出てくるが九条山の名は見ることがない。

Details » «九条山»

松田米司親方のワンブー

読谷山焼 北窯 松田米司 (Yoneshi Matsuda 1954~ )親方の三彩点打ち紋ワンブーです。米司さんによるとワンブーはマカイと違い基本的に汁物のための器だということです。

Details » «松田米司親方のワンブー»

濱田庄司の湯呑

濱田庄司の湯呑 これはまさに静寂の美。座右に置きたい。

Details » «濱田庄司の湯呑»

工藝112号

昭和17年12月15日発行 日本民藝協会 限定1,000部

雑誌「工藝」は柳宗悦が1931年(昭和6年)に創刊し1951年(昭和26年)に120号で終刊しました。
素材、装丁など細部にわたり柳宗悦の美意識が鏤められた日本のプライベートプレスで民藝運動の機関誌としての役目を果たしました。

Details » «工藝112号»

民藝755号

民藝755号(2015年11月号)発刊されました。

特集は「平成27年度日本民藝夏期学校」です。
第148回 日本民藝夏期学校 金沢会場、第149回 日本民藝夏期学校 角館会場、第150回 日本民藝夏期学校 京都会場の3会場の報告です。
また、図版は日本民藝館所蔵の「石川、秋田、京都の工芸」です。

Details » «民藝755号»