柳宗悦・蒐集の軌跡 -日本の工芸を中心に-

創設80周年記念特別展
柳宗悦・蒐集の軌跡 -日本の工芸を中心に-

時:2016年9月1日(木)~11月23日(水・祝)
所:日本民藝館・東京都目黒区駒場4-3-33 Tel.03-3467-4527

Details » «柳宗悦・蒐集の軌跡 -日本の工芸を中心に-»

民藝767号

民藝 767号(2016年11月号)発刊されました。

特集は「平成28年度日本民藝夏期学校」です。

本体:787円+税
発行:日本民藝協会
東京都目黒区駒場4-3-33
日本民藝館

Details » «民藝767号»

リーチ工房の絵皿

英国セントアイヴス、バーナード・リーチ工房の絵皿です。
工房印のみが押されていますが、スタンダード・ウェアと呼ばれるテープル・ウェアのラインではない珍しい精作です。磁器製ですので1960年代の作品と思われます。

Details » «リーチ工房の絵皿»

2016 秋 目白コレクション

バーナード・リーチ工房 小壷

Details » «2016 秋 目白コレクション»

民藝 766号

民藝 766号(2016年10月号)発刊されました。

特集は「日本民藝館創設80周年」です。

本体:787円+税
発行:日本民藝協会
東京都目黒区駒場4-3-33
日本民藝館

Details » «民藝 766号»

松田米司親方の染付安南碗

読谷山焼 北窯 松田米司親方が安南(ベトナム)の白土のみで化粧掛けした染付安南碗です。

Details » «松田米司親方の染付安南碗»

芹沢銈介のデザイン展 / 京都民芸資料館

芹沢銈介のデザイン展

本展覧会では芹沢の文字デザインに注目し、型染作品のみではなく、板絵、肉筆下絵なども併せて展示致します。
第三日曜日の開館日に加え、10月は毎日曜開館致しますので皆様のご来館をお待ちしております。

Details » «芹沢銈介のデザイン展 / 京都民芸資料館»

Discover Japan 10月号

Discover Japan 10月号の「ただいま、ニッポンのうつわ」でスタイリストの高橋みどりさんに読谷山焼北窯 松田米司親方のマカイをご紹介いただきました。
Details » «Discover Japan 10月号»

薬師如来懸仏

三省堂大辞林によると懸仏とは「銅などの円板に仏像・神像の半肉彫の鋳像などを付けたもの。柱や壁にかけて礼拝したもので,平安後期に本地垂迹(ほんじすいじやく)の思想から生まれ,鎌倉・室町時代に盛行した。」とある。

Details » «薬師如来懸仏»

沖塩明樹さんの仕事

沖塩明樹さん率いる寒風春木窯は岡山県瀬戸市牛窓町に在りました。外村吉之助氏に「詩の題の様な」と謂わしめた良質な陶器を生み出した窯はもうありませんが今も使われ続ける食器たちが沖塩さんの仕事を伝えていることと思います。

Details » «沖塩明樹さんの仕事»