Kyoto Culture’s Bookshelf “Mingei”

京都岡崎 蔦屋書店のKyoto Culture’s Bookshelfというコーナーで「自身の人生で印象に残った本」をテーマに20冊選書し展示いただいています。
近年、民藝に関する書籍が多数出版されていますが、柳宗悦の「民藝」を知る上で規範になるものなどクラシックなタイトルを中心に選んでいます

Details » «Kyoto Culture’s Bookshelf “Mingei”»

河井寛次郎の杯

河井寛次郎 Kanjiro KAWAI (1890-1966) 作 呉須鉄釉筒描唐草文小杯。
Details » «河井寛次郎の杯»

日本民藝館所蔵 朝鮮工芸の美

創設80周年を記念する特別展として日本民藝館所蔵の朝鮮時代の諸工芸品の中から約300点が展観されます。

Details » «日本民藝館所蔵 朝鮮工芸の美»

民藝760号

民藝760号(2016年4月号)発刊されました。特集は「日本民藝館所蔵韓国文化財 家具・木工品の修復 -韓国国外所在文化財財団の調査を受けて-」です。

また、 日本民藝館では、「創設80周年特別展 日本民藝館所蔵 朝鮮工芸の美」展が2016年4月2日から始まりました。
詳細は日本民藝館公式ウェブサイトをご参照下さい。

Details » «民藝760号»

三条通白川橋道標

京都市東山区の三条通白川橋東詰南側に建つ道標は現存する京都最古の延宝6年紀年があります。

Details » «三条通白川橋道標»

金城次郎の湯呑

壺屋時代に製作された金城次郎 Jiro KINJO (1912-2004)の湯呑

金城次郎は沖縄県那覇市生まれの陶芸家であり重要無形文化財「琉球陶器」保持者。

Details » «金城次郎の湯呑»

仏教の輝き 青磁の輝き / 高麗美術館

仏教の輝き 青磁の輝き
期間:2016年4月5日(火)〜7月24日(日)
時間:午前10時〜午後5時 休館日:月曜日

Details » «仏教の輝き 青磁の輝き / 高麗美術館»

一遍上人念佛賦算遺跡

延応元年(1239年)伊予国に生まれた僧侶である一遍上人は時衆を率い、文永11年(1274年)2月8日に遊行を開始しました。そして正応2年(1289年)8月23日摂津兵庫津の観音堂で没し15年余に渡る遊行を終えました。
Details » «一遍上人念佛賦算遺跡»

Lake’s Pottery, Truro

英国コーンウォール州トルロに在ったレイクス・ポタリーのミルクジャグです。内部にだけ施釉されており外側は無釉です。元来、この手法は釉薬の節約のために取られていました。
この窯はW.H.Lakeと息子により1872年に設立されましたが民窯としての歴史は中世に遡るようです。
Details » «Lake’s Pottery, Truro»

萱生道 龍王山不動明王石仏

萱生道は奈良県天理市萱生集落より龍王山の尾根筋を伝い龍王山北城に、そして藤井に至る古道ですが現在は通る人も途絶え倒木、崩落などで通行困難な箇所も多いようです。
この不動明王石仏は龍王山北城跡(十市城)から西へ延びる萱生道の不動ノ背に在り南北朝末期の建立といわれています。

Details » «萱生道 龍王山不動明王石仏»