Discover Japan 10月号

Discover Japan 10月号の「ただいま、ニッポンのうつわ」でスタイリストの高橋みどりさんに読谷山焼北窯 松田米司親方のマカイをご紹介いただきました。
Details » «Discover Japan 10月号»

あめつちの日々 大阪第七藝術劇場公開

あめつちの日々
- 土に根っこをおろし、伝統を未来につなぐ。沖縄本島・読谷村の陶工・松田米司と、しまんちゅたちの物語 -
時:2016年9月17日(土)〜9月30日(日)
所:第七藝術劇場 / 大阪市淀川区十三本町1-7-27 サンポードシティ6F
Details » «あめつちの日々 大阪第七藝術劇場公開»

リーチ工房のスリップウェア・タンカード

リーチ工房 Leach Pottery 初期に製作された1パイント・タンカードです。
紋章に描かれた獅子や百合が素朴で素敵です。
Details » «リーチ工房のスリップウェア・タンカード»

工藝25号

雑誌・工藝は柳宗悦が1931年から1951年の間に1号から120号までを発行しました。

Details » «工藝25号»

あめつちの日々公開!

読谷山焼 北窯 松田米司親方の仕事を3年間に渡り追いかけた川瀬美香監督作品「あめつちの日々」が2016年5月8日より渋谷 シアター・イメージフォーラムにて公開されました。
Details » «あめつちの日々公開!»

松田米司親方のマカイ

読谷山焼北窯・松田米司親方 Yoneshi Matsuda (1954- ) のマカイはまさに静寂の美。目白コレクションでご覧戴けます。
またドキュメンタリー映画「あめつちの日々」の渋谷イメージフォーラム前売り券もしかまファインアーツのブースで販売致します。

Details » «松田米司親方のマカイ»

Lake’s Pottery, Truro

英国コーンウォール州トルロに在ったレイクス・ポタリーのミルクジャグです。内部にだけ施釉されており外側は無釉です。元来、この手法は釉薬の節約のために取られていました。
この窯はW.H.Lakeと息子により1872年に設立されましたが民窯としての歴史は中世に遡るようです。
Details » «Lake’s Pottery, Truro»

あめつちの日々 公開情報

読谷山焼北窯で松田米司工房を主宰する陶工・松田米司 Yoneshi MATSUDA (1954- )氏のドキュメンタリー映画「あめつちの日々」が2016年4月に東京渋谷のシアター・イメージフォーラムで公開されます。

Details » «あめつちの日々 公開情報»

スリップウェア

スリップウェア / 誠文堂新光社

2016年1月13日に発刊されました。私は「初期リーチ工房とスリップウェア」というエッセイを寄稿しました。

Details » «スリップウェア»

松田米司親方のワンブー

読谷山焼 北窯 松田米司 (Yoneshi Matsuda 1954~ )親方の三彩点打ち紋ワンブーです。米司さんによるとワンブーはマカイと違い基本的に汁物のための器だということです。

Details » «松田米司親方のワンブー»