2016 秋 目白コレクション

バーナード・リーチ工房 小壷

Details » «2016 秋 目白コレクション»

濱田庄司 按瓶

濱田庄司 Shoji Hamada (1894-1978) 按瓶 An-Bin, Okinawan Tea Pot

Details » «濱田庄司 按瓶»

リーチ工房のスリップウェア・タンカード

リーチ工房 Leach Pottery 初期に製作された1パイント・タンカードです。
紋章に描かれた獅子や百合が素朴で素敵です。
Details » «リーチ工房のスリップウェア・タンカード»

船木道忠のスリップウェア水注

島根県布志名の作陶家、船木道忠 FUNAKI Michitada(1900~1963)は日本のスリップウェア作家としては岡山県酒津の武内晴二郎 TAKEUCHI Seijiro(1921~1979)などと並ぶ代表的な存在。
船木研兒 FUNAKI Kenji(1927〜201?)は長男。

Details » «船木道忠のスリップウェア水注»

民藝762号

民藝762号(2016年6月号)発刊されました。特集は「沖縄の工芸 焼物編」です。
日本民藝館創設80周年を記念した同館特別展「沖縄の工芸」に関連し、2号連続の特集が組まれます。次号は織物編です。

Details » «民藝762号»

河井寛次郎の半筒猪口

河井寛次郎 Kanjiro KAWAI (1890-1966) 作の半筒湯呑です。
昭和初期に製作された民藝色濃い佳品です。

Details » «河井寛次郎の半筒猪口»

工藝25号

雑誌・工藝は柳宗悦が1931年から1951年の間に1号から120号までを発行しました。

Details » «工藝25号»

Kyoto Culture’s Bookshelf “Mingei”

京都岡崎 蔦屋書店のKyoto Culture’s Bookshelfというコーナーで「自身の人生で印象に残った本」をテーマに20冊選書し展示いただいています。
近年、民藝に関する書籍が多数出版されていますが、柳宗悦の「民藝」を知る上で規範になるものなどクラシックなタイトルを中心に選んでいます

Details » «Kyoto Culture’s Bookshelf “Mingei”»

Lake’s Pottery, Truro

英国コーンウォール州トルロに在ったレイクス・ポタリーのミルクジャグです。内部にだけ施釉されており外側は無釉です。元来、この手法は釉薬の節約のために取られていました。
この窯はW.H.Lakeと息子により1872年に設立されましたが民窯としての歴史は中世に遡るようです。
Details » «Lake’s Pottery, Truro»

濱田庄司 饅頭皿

濱田庄司 Shoji HAMADA (1894-1978)作の饅頭皿五枚組です。
Details » «濱田庄司 饅頭皿»